たけのこ文庫にある季節の絵本を紹介します📖

もうすぐクリスマス「ばすくんのくりすます」

作:みゆき りか
絵:なかや みわ
出版社:小学館

こちらも森の中の古いバスと動物たちのおはなしです。
「くりすますってなあに?」
みんなでクリスマスツリーをつくろう!となったはいいけど、なにせここは森の中。電気もないのにどうやって光らせたらいい…?! アイデアを出しあい協力しあう動物たちを思わず応援したくなります♪

余談ですが、このバスくん、昔の西東京バスにちょっと似ていませんか?(分かる方にはわかるハズ)あのクリーム色と赤の可愛らしい車体も、もしかするとどこかで動物たちを温めているのかもしれませんね。

(よ)

お風呂好きの方必読!「きしゃのゆ」

作:尾崎玄一郎・尾崎由紀奈
出版社:福音館書店 こどものとも729号

シュポ… シュポ… こまったな…

森で迷子になった、汽車の“ごうた”が行きついたところ。それは…汽車の銭湯!番台・脱衣所・お風呂、常連さんに連れられて、こごえた体と心がどんどん温かくなってきます。

番台の張り紙や脱衣所のポスターなど描かれた設定が細かくて思わず笑ってしまいます。黒いミルク瓶にもご注目!

寒い冬の日、お風呂の前に読んでみませんか?

(よ)

☆以前にご紹介した絵本はこちら